薬を飲んでいる男性
  • ホーム
  • クラビットでクラミジアを治すこともできます

クラビットでクラミジアを治すこともできます

クラビットにはレボフロキサシン水和物という成分が主に含まれています。
このレボフロキサシン水和物は細菌を殺菌していくための成分で、細菌感染によっておこる様々な炎症、症状を抑え込むことが出来ます。
感染症によっておこる炎症や症状はその原因となっている細菌が異常繁殖することによって引き起こされています。
つまり、その原因となっている細菌をすべて殺菌することが出来れば、その時点で症状は改善されていくというわけです。

クラミジアなどの性感染症の場合でも、このクラビットが用いられることになります。
クラミジアの場合でもその原因となっているのは細菌です。
クラミジアの場合には体内の原因菌をすべて排除しない事には症状が完治されることがないため、クラビットによって徹底的に細菌をやっつけていく必要があります。
多くは1週間程度、薬を服用することで症状を抑えこみ、完治を促すことができるのですが、こればかりは個々で状況が異なるため一概には言えません。
医師の診断の元、正しく対処していくことが大切になってきます。

クラビットを服用すると細菌をやっつける効果がある、この点はクラミジアの治療の際にも他の性感染症の際にもしっかり押さえておくといいでしょう。
服用方法についてはそのクラビットの種類によっても多少異なってきますが、多くは1日3回、決まった時間に服用していきます。
この点では、一般的な経口薬と何ら変わりはありません。
クラビットは経口服用となるので、体の中から自然とその効果を実感していくことが出来ます。

クラミジアを始めとする性感染症は、先にも挙げたように一度感染すると自分だけで対処することはできません。
自分一人で対処することが出来ず、状態をそのまま放置すると細菌による炎症が他の臓器に広がっていく恐れも出てきます。
尿道炎や子宮頸管炎、卵管炎など、女性の場合であればこれが不妊の要因となってしまう恐れもあるため、とりわけ注意が必要です。

クラビットの正しい服用方法と併用禁忌について

クラビットの正しい服用方法について、先に挙げたように多くは1日3回に分けて服用することになります。
薬の種類や医師の判断によっては1日1回、もしくは2回に回数が減らされることがありますが、これは素人判断することではありません。
医師が処方した薬に関してはその指示通りに飲むことが肝心です。

また、クラビットの副作用についてもしっかり押さえておきましょう。
クラビット自体は副作用が少なく、あまり重症化しないとされていますが、だからと言ってすべての人がそうというわけではありません。
具体的にどんな副作用があるのかといえば、発疹や下痢といった症状です。
この他、日光などの光に極端に体が反応してしまう光線過敏症が引き起こされることもあります。

そして、クラビットと併用してはいけない薬があるという点も知識として押さえておく必要があります。
クラビットとの併用が禁忌とされているのが抗結核薬に使われている成分など、不整脈を起こしやすい薬です。
肺に持病がある人であればとりわけ注意が必要です。

この他にも、フロベンという成分が含まれている鎮痛剤には、クラビットとの併用でけいれんのリスクを高める恐れがあります。
アルミニウムやマグネシウムを含む胃腸薬との併用は薬の効果が薄れる恐れも出てきます。

クラビットを服用する際には、事前に持病やアレルギー、飲み合わせが可能なのかどうかという点について医師に相談をしておくのがおすすめです。
禁忌については専門家に尋ねた方が確実ですし、素人が無暗に判断することで重大な症状を引き起こしてしまう恐れも出てきます。
効果の強い薬だからこそ、その服用方法や禁忌について把握していくことが大切になってくるわけです。

関連記事