薬を飲んでいる男性
  • ホーム
  • クラミジアは自宅で検査が可能です

クラミジアは自宅で検査が可能です

クラミジアは日本で感染者がもっとも多い性病であり、多くの人がクラミジアに感染しています。
クラミジアに感染すると性器に異常をもたらし、女性の場合ですと不妊の原因になってしまうこともあります。
性器から膿やおりものが増加した場合には怪しいと思いましょう。
症状が出にくい性病ですので発覚が遅れてしまうケースもあります。

性行為の経験があり、少し心配だという方は、自宅でできる検査キットがありますので、こういったものを利用すると良いでしょう。
検査キットは男性と女性とで採取する項目が違いますので、自宅で尿検査や子宮頸管擦過物検査を行い、検査会社に発送しましょう。
検査結果は早いと、到着翌日には知ることができますので、なるべく早く検査を行いましょう。
価格もあまり高額ではありませんので、気軽に利用できます。

性病を放置することで、その症状は悪化していって治療の期間も長期化することもありますので、早期発見のために検査キットを使うのは賢い選択です。
パートナーと一緒に購入すると割引が適用されるところもありますので、大切な人を守るという意味でも一緒に購入しましょう。
どちらかがクラミジアに感染している場合には、そのパートナーも性行為を通じて感染している可能性が非常に高くなります。
検査キットの種類もたくさんあって、それぞれ検査の仕方が違いますので、自分にあった検査のものを選んで行いましょう。
他の性病の検査も一緒に行ってくれるものありますので、そういったものを利用すると良い性病の発見にもつながって良いでしょう。

自宅に検査キットを送る場合にも、会社名を変えたり、内容物を記載しないなどといった配慮も行ってくれますので、恥ずかしがらずにしっかりと性病の検査を行いましょう。
自分はなんともないと思っているかもしれませんが、クラミジアがどんどん進行している可能性もありますので、未来のパートナーと幸せな関係を築くためにも検査しましょう。

自宅検査でクラミジアが発覚したら病院は何科へ行く?

もし検査結果が到着してクラミジアに感染してる事実が分かったらすぐに病院にいって治療を行いましょう。
病院の泌尿器科や性病科に行くと治療が行えます。
泌尿器科や性病科にいくのは少し恥ずかしいという人もいるかもしれませんが、クラミジアを放っておいて重症化することのほうが大変ですので、すぐに治療を行いましょう。

病院によっては即日検査を行い、即日治療を行ってくれるところもありますので、スピーディーに治療を行うことが可能です。
スタッフや医師も同性の方が担当してくれることもあり、恥ずかしいと感じずに治療を進められます。

クラミジア治療には抗生物質を利用します。
治療期間は一週間から二週間程度と言われており、比較的短い期間で治療をすることが可能です。
中途半端に治療をやめてしまうと、クラミジアが抗生剤に耐性をもってしまうケースもありますので、継続して治療を行うことが重要です。

国内のクラミジア感染者数は百万人と推測されており、多くの十代から二十代の方が感染しています。
若い時は性病であるという事実を認められずに放置してしまうことがありますが、こういった行為は将来に大きく影響してきますので、しっかりと若いうちに治療を行いましょう。
将来のパートナーとの子供を見るためにも、性病の治療は必須となりますので、病院でしっかりとした治療を行い、性病を克服しましょう。
料金も保険が適用されますので、比較的安い金額に収まります。
進行具合がひどくになるにつれて、治療費が高額になったり、治療期間がながくなったりと良いことはありませんので、早めの治療を行うのが最善です。
大切な自分の体ですので、恥ずかしがらずにしっかりと治療しましょう。

関連記事