薬を飲んでいる男性
  • ホーム
  • クラミジアを治すにはジスロマックがおすすめ

クラミジアを治すにはジスロマックがおすすめ

ジスロマックは、病気の原因菌となるさまざまな細菌を殺菌する薬です。
クラミジア菌にも効果があるため、クラミジア治療薬として広く使用されています。
他にも淋病、インフルエンザ、マイコプラズマ肺炎などの治療にも使われることがあります。

ジスロマックは、マクロライド系の新しい抗生物質です。
成分はアジスロマイシン水和物で、従来の抗生物質が胃酸によって不活化してしまうのに対して、胃酸による影響をあまり受けないというメリットがあります。
体内への吸収が良く、高濃度を維持したまま患部へ作用することができるため、治療効果が現れやすいといわれています。
アレルギーを起こすことが少ない薬なので、一般的な抗生物質であるペニシリン系やセフェム系の抗生物質を飲むとアレルギー反応を起こしてしまう方でも関係なく服用することができる点もメリットです。

細菌内に取り込まれたアジスロマイシン水和物は、細菌が増殖するためのタンパク質の合成を妨げるという作用があります。
その作用が細菌の増殖や成長を阻止させて、死滅・殺菌するという効果につながります。
また、ジスロマックには殺菌効果とともに感染症による炎症や痛みを和らげる効果もあります。
そのため、クラミジア菌や淋菌など性病の殺菌のほかに、マイコプラズマ肺炎、扁桃炎、咽頭炎、中耳炎などの殺菌治療にも使われています。
また、細菌によって起こる二次感染の予防のために、風邪やインフルエンザの治療薬と一緒に、処方されることもあります。

ジスロマックには、錠剤・ドライシロップの他に、子供用のカプセル・細粒など色々な形状があります。
クラミジア治療の服用方法としては、1日1回1錠を3日間続けることが多いようです。
しっかりと服用方法を守ることで効果が1週間ほど持続し、高い殺菌効果が得られます。

ジスロマックは副作用が少ないほうの薬ですが、下痢・腹痛・吐き気などの症状が現れることがあります。
特にマクロライド系の成分は、下痢を起こしやすいようです。
他に、現れる確率は低いですが発疹、手足のしびれやふるえ、発熱などの症状が出ることもたまにあるようです。
気になる症状が続く場合は、処方してもらった医師に相談すると良いでしょう。
また、ジスロマックのネット通販サイトで買うのも選択肢の一つになります。
ジスロマックは医療用医薬品のため処方してもらう他に海外からの販売・譲渡を目的としない個人輸入で入手することが厚生労働省から認められています。
個人輸入の手続きを請け負ってくれる通販サイトもあります。
クラミジア治療の際は確認してみましょう。

クラミジアの二次感染を防ぐためにも早期治療は大切

クラミジアに限ったことではありませんが、性病はセックスで感染します。
もし自分が感染している場合、セックスをするとパートナーが感染してしまうリスクがとても高くなります。
二次感染でパートナーとの関係悪化を防ぐためにも、セックスは控えましょう。

また、クラミジアの治療中に薬を飲んでいるから大丈夫とセックスをしてしまう方も多いようですが、これも二次感染の恐れがあります。
というのも、治療中はまだ体内にクラミジア菌が残っていることが多いためです。
薬でクラミジア菌を退治しているときにセックスをして二次感染してしまった場合、その細菌は薬に耐性を持ってしまう可能性があります。
すると、次に治療するときに同じ薬が効きにくくなったり、最悪の場合はその薬が効かなくなってしまうこともあるのです。
実際に、抗生物質が効かない淋菌を持ったスーパー淋病という性病も発見されています。

特に、ジスロマックは細菌に対する抗菌作用が1週間ほど持続するため、飲んだ後はもう治ったと思いがちです。
細菌が体内から除去されてクラミジアが完治するまで、大事なパートナーにクラミジアを二次感染させないためにも、治療中のセックスは控えることが重要です。

そして何より、二次感染を防ぐためにも早期治療が大切です。
ジスロマックなら、1日1回1錠を3日間続ければ、90%以上でクラミジアが完治するといわれています。
初期や軽度の時期であれば、比較的簡単に完治する性病です。
完治していないのにセックスをしたり、途中で勝手に薬の服用をやめてしまうと、薬剤の耐性がついた強力な細菌へと変化して治療期間が長くなってしまったり、さらに強力な薬で治療することになってしまいます。
症状が軽いうちに正しい服用方法を守って、早期治療でしっかり完治させましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧