薬を飲んでいる男性
  • ホーム
  • クラミジア治療薬などの医薬品は通販で買えます

クラミジア治療薬などの医薬品は通販で買えます

現代の代表的な性病には、クラミジア感染症や淋菌感染症、いわゆる淋病があります。
一般的に性病に感染している人の2人に1人はどちらかの病気の感染者で、同時に両方の病気にかかっている人もいるようです。
細菌が原因による性病は、抗生物質でほとんどの場合治すことが可能です。
ウイルスが原因による性病は、抗生物質は効かないので、ウィルスには抗ウィルス薬を使用します。
カビが原因になる病気は抗真菌薬で治すことが可能です。

いずれにしても放っておいて自然に治る病気ではないので、きちんと治療する必要があります。
とはいえ、現在日本では抗生物質などの性病用の治療薬は、薬局やドラッグストアなどには売っておらず、大手ショッピングサイトの医薬品のジャンルでも取り扱っていません。
つまり日本では抗菌薬は医師の処方箋がないと手に入れることができないので、病院やクリニックなどで診察を受けないといけません。
健康保険を使うと後日使用明細が届けられるので、家族や配偶者に知られる可能性があり、他の人にばれてしまうことがあります。

しかし近年インターネットを利用することによって、抗生物質や抗ウィルス薬・抗真菌薬などを購入することが可能になりました。
病院に行って医師に処方してもらうのと同じように、最適な治療薬をインターネットのオンライン通販を利用して、市販薬を買うみたいに手に入ることが可能です。
業者は個人輸入代行という方法によって、オンライン通販を行うことができ、ユーザーは個人輸入の代行を利用することによって、誰にも知られることなく治療薬を購入することができます。

もちろん日本の法律でも認められている方法なので、安全・安心して利用することが可能です。
病気によって使用する薬の種類がたくさんあるので、感染している病気の名前や薬など、きちんと調べてから購入すると良いでしょう。
病院に行かなくても気軽に治療薬を入手することが可能ですが、ときどき偽物が出回っているので注意が必要です。

通販で医薬品を購入することは違法ではない?

インターネットの通販サイトを利用して、海外から医薬品を購入することは薬事法でも許可されている合法的な医薬品の購入手段です。
但し、違法なサイトや偽物を扱っているところもあるので、注意は必要です。
海外の医薬品を正しく購入する必要があり、海外医薬品は海外で許可され販売されている治療薬のことを言い、これらの多くが厚生労働省から許可が下りていないので、国内で販売したり購入することができません。

国内で販売できないことにはいろいろな理由がありますが、許可を得るための時間が掛かってしまうことなどがあります。
その薬にいくら効果があっても、日本国内で販売するためには多くのハードルがあります。
許可が下りていない薬は、海外では一般的に流通している優れた医薬品でも、日本では販売ができないようになっているのです。
国内で販売することができない海外の医薬品でも、「個人輸入」と呼ばれる手段であれば、購入することができます。

個人輸入は海外の医薬品を個人的に輸入することで、薬に関して規定されている法律である薬事法において、輸入する際個人の使用分であれば薬を海外から規定ルールの範囲内で輸入しても良いと許可されています。
法律で許された海外の医薬品の購入方法ですが、一度に購入することができる量には決まりがあり薬によって異なりますが、一般的に1ヵ月~2ヵ月分になっています。
もしこのルールを守らないで、規定の量より多く購入すると、税関で没収されることもあり、何より違法行為にあたるので、数量をきちんと守る必要があります。
尚、個人輸入で購入した薬は本人が使用する量に限られるので、他の人に譲ったり転売するようなことは禁止されているので注意が必要です。

関連記事