薬を飲んでいる男性
  • ホーム
  • 咽頭クラミジアと咽頭淋菌の感染には注意!

咽頭クラミジアと咽頭淋菌の感染には注意!

クラミジアの菌や淋菌が性器だけでなく、咽頭部分にまで感染した場合、咽頭クラミジアや咽頭淋病を引き起こしていきます。
この咽頭クラミジアや咽頭淋病は感染者とのディープキスなど、口腔内の粘膜接触が起こればあらわれやすくなります。

そもそも、性器同士の接触であればこうした咽頭部に感染がおこることはありません。
先にもあげたディープキスによって、クラミジアや淋病などの原因菌が喉に付着してしまうことが最大の要因となっているわけです。

となれば、感染防止のためにはどうすればいいのでしょうか。
まず挙げられるのがこうした粘膜同士の接触を避けることです。
もちろん、愛情表現のひとつとしてディープキスは避けられないことではあります。
人によっては現実的ではありません。

とはいえ、不特定多数とのこうした粘膜接触をさけるようにすれば、おのずと感染のリスクは減らしていくことが出来ます。
そもそも、不特定多数とこうした行為をしているとなれば、実際に感染が起きたときに感染経路を特定することが出来ません。
治療に取り組むにしてもこの感染経路がわからない事には、根本的な解決にはならないわけです。

クラミジアの原因菌や淋菌は病院で治療しない事には完全に消滅させることが出来ません。
症状が続いているのにも関わらずそのままの状態を放置してしまうと症状の重症化を招くことにもなります。
重症化が続くと、それこそ治療にかかる期間が長引きますし、何より感染者本人がつらい思いをすることになります。
口腔内に何かしらの違和感を感じたとき、風邪のような症状が長く続く場合にはまず、咽頭クラミジアと咽頭淋病の疑いを持つことが大切です。

クラミジアや淋病は風邪薬を服用しても症状の改善はみられません。
最初は風邪かと思っていても、症状が長引くこと、薬が効かないことで初めてクラミジアや淋病であったと発覚することもあります。
咽頭クラミジアと咽頭淋病について、この点はしっかり押さえていくようにしましょう。

咽頭系の性病はうがいで検査ができます

咽頭系の性病はその初期症状が風邪と非常によく似ているため、発覚が遅れる傾向にあります。
素人では性病と風邪とを見極めるのが難しく、時に専門の知識を持った医者でさえ判断しかねるというケースも出てきます。

そこで、性病と風邪の見極めのために有効なのが実際にサンプルを採取して行う検査です。
咽頭クラミジアや咽頭淋病の場合には、喉に付着している粘液、粘膜の細胞を採取していきます。
綿棒のような道具でサンプル採取をすることもありますが、咽頭系の性病に関してはうがいでも検査は可能です。
うがい液をそのまま吐き出し、それを検査することで性病かどうかを確認していくことが出来るわけです。

検査自体は簡単なので、検査に対して抵抗感を持っている人でも安心です。
病院ではこうした検査を経て、咽頭クラミジアや咽頭淋病の診断を下していくことになります。
先にも挙げたように、こうした性病は治療を受けない事には症状を抑え込むことが出来ないため、早め早めに対処していくことが大切です。

受診の際には医師も風邪の症状だと勘違いすることがあるため、風邪薬が効かない事や性病の疑いがあることをしっかり伝えていくようにしましょう。
内科だけでなく、性病科など専門の診療科であれば即日検査が可能になってきますし、それこそ早め早めの治療開始が可能になってきます。

咽頭クラミジアや咽頭淋病は治療さえ行えば怖いものではありませんが、治療中は他の人に感染を広げないように注意していきましょう。
性行為はもちろんのことですが、ディープキスなど粘膜接触が起こる行為は避けるに越したことはありません。
パートナーにもその旨は説明し、治療完了までは互いに気を付けていくことが大切です。

関連記事