薬を飲んでいる男性
  • ホーム
  • 咽頭クラミジアと風邪の症状は似ている

咽頭クラミジアと風邪の症状は似ている

クラミジアは性器にだけその症状が出るのだと思われている人も中にはいますが、実はそれは間違った情報です。
そもそもクラミジアは粘膜接触によって感染し、症状が引き起こされていきます。
つまりその粘膜の場所によっては性器以外にも症状があらわれることがあるというわけです。

性器以外のクラミジア症状としてもっともよく知られているのが咽頭クラミジアです。
その名の通り、咽頭部分にクラミジア菌が増殖し悪さをしていきます。
ディープキスなど口腔内の粘膜が触れ合うことによって感染が引き起こされ、その結果咽頭クラミジアになってしまいます。
性行為だけでなくキスだけでもクラミジアは感染する、この点には注意が必要になってきます。

そして、咽頭クラミジアになるとどんな症状があらわれるのでしょうか。
まず押さえておきたいのが、その症状は風邪に非常に似ているという点です。
喉の痛みや腫れ、咳など、風邪の初期症状と非常に似ていて、素人では見分けがつかないのが咽頭クラミジアの特徴です。

風邪と咽頭クラミジアの見分けは専門的な知識を持った医者がわからないことがあるほど難しいものです。
そのため、喉の違和感があって病院を受診しても風邪の処方がなされてそのままの状態が放置される危険があります。

咽頭クラミジアと風邪の症状は非常によく似ているのですが、治療方法は全く違います。
つまり、いくら風邪の治療をしても、処方薬を飲んだとしても、喉の痛みや腫れ、咳などの症状は一切治まらないということです。
風邪の処方を受けて治療を受けていたのに、なかなか症状が改善されないという場合には咽頭クラミジアに感染しているかもしれません。

もちろん、その判断は医師が下していくことになりますし、素人が自己判断を下すのは危険です。
ただ、病院によってはクラミジアかどうかをチェックするための設備が整っていないところもあるため、あらかじめ病院選びについては注意していくようにしましょう。

性行為後に喉が痛くなったら咽頭クラミジアを疑う

先にも挙げたように、咽頭クラミジアになると喉が痛いなど、違和感を生じるようになります。
もしそれよりも前にクラミジアに感染するような行為をしたのであれば要注意というわけです。
性行為の後に喉が痛い、などの違和感を感じた時にはまず、こうした性病を疑っていくようにしましょう。

その際、咽頭クラミジアに感染していた場合には他の症状にも注意していく必要があります。
というのも感染者とそこまでの接触をしているとなれば、性行為の際に性器にもクラミジアが感染してしまっている恐れがでてきます。
もちろん、咽頭クラミジアに罹っていれば他の部位にも感染が広がっていると一概に言えるものではありません。
ですが、確認しておくに越したことはありません。

こうした性病は状態を放置することによってさらなる症状の悪化、悪循環を招くことがあります。
時に他の臓器などに炎症を広げてしまう恐れも出てくるため、とりわけ注意が必要になってくるわけです。

性病は早め早めに治すに越したことはありません。
それは余計な感染者を増やさないためにも大切なことですし、何より自分の身体を守るために必要な事です。
クラミジアの場合、治療さえ正しく行っていれば何ら怖いものはありません。
寧ろ早めに対処していくことによってパートナーとの関係をぎくしゃくさせずに済みますし、パートナーと一緒に治療に取り組めば再感染のリスクも軽減してくことが出来ます。

まずはクラミジアの症状があらわれているのかどうか、しっかりチェックしていくことからはじめていきましょう。
具体的に不安がある場合には専門の設備が整っている医療機関、例えば性病科や産婦人科などを受診して詳しい診察を受けていくのがおすすめです。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧