薬を飲んでいる男性
  • ホーム
  • 咽頭クラミジアの予防方法について

咽頭クラミジアの予防方法について

色々なカプセル

咽頭クラミジアは、放置しておくと身体の免疫力が低下し、エイズ、淋病などの感染率が高くなってしまうため、予防をおこないましょう。
感染ルートはクラミジアの保菌者と関係を持ち、性器や咽頭へ、咽頭から性器へ感染する場合があります。

セックスを行わなくても咽頭クラミジアになってしまう場合がありますので、クラミジア感染者と性的な関係を持たないようにすることが一番の予防方法です。
また自分が感染してしまった場合は、他人にうつさないことが一番重要です。
もしパートナーが感染していた場合は、自分も感染している可能性が高いため、二人で病院で調べてもらう必要がありますし、もし感染していたら治療を受ける必要があるでしょう。

口の粘膜は切れやすい部分であり、傷口からクラミジアが感染する可能性が高くなりますので、注意が必要です。
性器クラミジアに比べると、口の中は清潔に保ちやすい部分ですので、性交後はうがい薬で予防する方法もあります。

但し、うがい薬の種類によっては、殺菌効果が高すぎ、咽喉の粘膜を傷つけてしまうものがありますので注意が必要です。
この場合はうがい薬の強い成分によって、咽頭の粘膜が傷つき、クラミジアに感染しやすくなる場合もありますので、殺菌効果の強すぎるうがい薬は使用しない方がよいでしょう。
他にも激しいディープキスを行い、口の粘膜が傷つき、傷ついた口の粘膜から感染してしまうこともありますので、注意が必要です。

不特定多数の相手と関係を持ってしまうと、クラミジアに感染する可能性も高まりますので、予防法の一つとして不特定多数の相手と性的関係を持たないようにしましょう。
また感染している疑いのある人と性的関係を持たないことも大切でしょう。

前戯やキスなどでも感染する可能性がありますので、見知らぬ相手との一夜限りのアバンチュールなどは避けましょう。
女性の場合、クラミジアに感染している男性にフェラチオを行った際に感染する可能性が高くなりますので、前戯の前もコンドームは必ず、相手の男性につけてもらうようにして予防をする必要があります。

オーラルセックスであっても感染する性病はあります

オーラルセックスだけなら、性病に感染しないと誤解されている方も多くいらっしゃいますが、咽頭クラミジアの場合は、オーラルセックスだけでもクラミジアに感染する可能性がありますので要注意です。

オーラルセックスは見知らぬ相手との場合は、なるべく避けて、必ずコンドームを使用するようにしましょう。
男性の場合、尿道からうみなどの分泌物が出ていたり、軽い排尿痛がある場合は、感染している可能性があります。

女性の場合は、急におりものが増加してしまったり、不正出血がある場合は感染している可能性があるでしょう。
クラミジアは自覚症状があまりないことも多く、うつっても症状を感じにくいため、知らず知らずのうちに他人にうつしている可能性もありますので、体調のちょっとした変化も見逃さないようにしなければなりません。

もしうつってしまったら、病院で抗生剤を処方してもらうと、完治させることができます。
最近では内服薬も進化しており、1回の服用で抗生物質の効果が10日間持続するタイプのものもありますので、飲み忘れなどの心配もありません。
抗生物質による治療は必ず、最後まで行うようにしましょう。

途中で抗生物質の治療をやめてしまうと、耐性菌が発生してしまい、クラミジア菌に対する耐性が出来てしまい、治療ができなくなってしまうからです。
抗生物質の治療効果は90%と言われており、3週間後に再び、クラミジア菌があるかどうかを調べます。

菌が完全になくなればよいのですが、菌が残っていると、再びクラミジア菌に侵されてしまいます。
女性の場合は子宮頚管や卵巣に転移する場合もありますので、必ず抗生物質で完全にクラミジア菌をなくしておきましょう。
カップルでクラミジア菌にうつってしまった場合も、必ず二人とも完治させておくことが大切です。

関連記事