薬を飲んでいる男性
  • ホーム
  • 喉にかかる性病は無症状なことが多い

喉にかかる性病は無症状なことが多い

患者を診ている医者

性病のなかでも患者数が多いクラミジアは、性器だけでなく喉にも感染することが少なくありません。
それと言うのも性病菌は粘膜が存在する場所であれば生存し続けることが出来るからです。
適度な湿度と温かい環境が維持できれば性器以外の咽頭にも感染を広げることができると言うわけです。

しかし性器であろうと喉であろうと、クラミジアの特徴の一つとして無症状で経過することが多いと言う傾向が見られます。
クラミジアに感染した男性の50%、女性では75%の方が無症状のままであるとの報告もあります。

ただし何らかの自覚症状に心当たりがあるにもかかわらず、さほど負担にもならないため見過ごされている可能性もあります。
そこで咽頭クラミジアの症状について、性器クラミジアとの症状の違いなどに着目しながら、注意すべき点について要点を抑えてきましょう。

咽頭クラミジアは喉の入り口、扁桃腺周辺に感染をきたすことが多いのが特徴です。
咽頭クラミジアの主な症状としては、喉の痛みや咳といった症状が出ます。
肉眼で観察すると喉の奥が赤くはれていたり、典型的な炎症像が観察されることもあります。
咳については乾いた咳が出る傾向が看取されるようです。
これは気管支などの気道の入り口にあたる咽頭で炎症がおこるため、痰が絡むなどの機会が少ないためと考えられます。
ただし自覚症状が乏しく、無症状と考えている感染者が多いのも事実です。

これに対して性器クラミジアでは、患部が性器や泌尿器に生じるため、これらの臓器の特徴に起因する症状が見られます。
男性では排尿時の痛みやかゆみ、残尿感などの膀胱、尿道、前立腺への炎症に関連する症状が見られます。
水っぽい膿が排出され、起床時に下着に汚れが付着していることから、発見されることがあります。

女性では子宮頚部の炎症から初発し、オリモノの増加、不正出血、性器の臭いが強くなるなどの症状が見られることがあります。
咽頭クラミジアではこのような症状ではなく、風邪に類似した症状が観察されることが多い傾向があります。

咽頭クラミジアは風邪と間違えやすい理由

このように咽頭クラミジアには特徴的な症状に乏しく、風邪症状と誤診されることもしばしばあります。
それでは何故、風邪と見間違えられやすいのかについて考察してみましょう。

風邪は空気中のウィルスを鼻から吸い込む、または呼吸で口からウィルスを気道に取り込み炎症をきたすことが原因です。
鼻も口も喉の奥の咽頭部分で交わります。
従って鼻から感染しようと、口から感染しようと扁桃腺周辺での炎症症状が頻繁に発症します。
ウィルスは喉周辺の粘膜で増殖し、生体防御反応の一環として炎症が生じ、周囲の組織の血管を拡張させ、さらに血液中の炎症促進物質が漏れ出すことで、炎症が加速されていきます。

その結果、喉や鼻に不快感を自覚するようになり、咳、鼻水、喉の痛みなどの自覚症状となって現れてきます。
また炎症により発熱症状をしばしば伴います。
ただウィルスを吸い込む場所が喉が中心なのか、口が中心なのかで症状のあらわれに差が見られますが、喉や咽頭の炎症に起因する症状が強くみられるのは、風邪に共通して見られる傾向です。

それでは咽頭クラミジアの症状はどうでしょう。
クラミジアは細菌、風邪は主にウィルスが原因としている点での違いはあるものの、増殖する部位に関してはほぼ共通しているので、自覚症状だけで区別することは難しいのが現実です。
ただ風邪では飛沫感染を生じるほどの感染力の強さがあり、肺炎のリスクが高いため、発熱も高熱をきたしたり、咳症状がより激しくなる傾向が見られることは確かです。

しかし重症化しない限り、風邪でも咽頭クラミジアでも咳や痰、喉の不快感程度で終始することは珍しくありません。
咽頭クラミジアは性器クラミジアと合併することが多いため、性器周辺での症状も併発していればひとつの目安にはなります。
クラミジアは不妊の原因にもなるので、性交渉後に喉の症状が出てきた場合には、咽頭クラミジアの可能性を視野にいれて医師の診察を受けるのが賢明です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧