薬を飲んでいる男性
  • ホーム
  • 性行為以外でのクラミジア感染ルートはある?

性行為以外でのクラミジア感染ルートはある?

クラミジアとは性感染症の1つで、感染すると性器周辺のかゆみや炎症、排尿痛などの症状を引き起こしていきます。
クラミジアは症状があらわれにくいのが特徴で感染自体に気がつかないことが多く、若い年代での感染拡大が懸念されています。

クラミジアの感染拡大を防ぐために、まず大切になってくるのはクラミジアの感染ルートについて正しく理解していくことです。
クラミジアの感染ルートとして、主なものは性行為が挙げられますが、実は性行為以外にも感染の可能性はあります。

キスやオーラルセックスなど、実際の性行為、挿入がなかったとしても粘膜同士の接触があれば感染の確率はぐんと伸びてしまいます。
クラミジアは基本的に粘膜接触によって感染します。
性行為以外でも、感染者と粘膜が接触すれば当然感染することがあるというわけです。

クラミジアの感染ルートについて、お風呂やプールでも感染が起こるのではと不安になる人もいるかもしれませんが、このケースは例外です。
確かに、お風呂屋プールであれば粘膜に残っていたクラミジア菌が水分を介して周りにうつっていきます。
ただ、クラミジア菌は生き物の体の中でしか生きられない細菌なので、体の外に出た時点で死滅してしまいます。
つまり、こうしたお風呂やプールなど、公共施設でクラミジアに感染することは限りなくゼロに等しいというわけです。

もちろん、ごく稀にクラミジアの菌がお風呂やプールを介して体内に入り込むことはあります。
ただ、この場合も菌自体が非常に弱っている状態なので、体の中で悪さを起こすほど増殖することはないわけです。
クラミジアは粘膜接触によってだけ感染の可能性があるということ、お風呂やプールなどの施設で他人から移ることはないということ、この二つの点はしっかり押さえていくといいでしょう。

そして、クラミジアの感染ルートにおいて注意が必要になってくるのがキスやオーラルセックスについてです。
先にも挙げたように、実際の挿入がなくても粘膜同士が接触するこれらの行為はそれだけで感染の確率を上げていきます。

オーラルセックスでクラミジアは感染する?

キスやオーラルセックスをしたからといって必ずしもクラミジアに感染するというわけではもちろんありませんが、やはりそのリスクは非常に高まっていくという点は覚えておくに越したことはありません。

こうしたオーラルセックスや性行為はコンドームを付けていれば問題ないのではないか、性病が移ることはないのではないかと思われる人もいるかもしれませんが、実はこれも間違いです。
例え性行為の前にコンドームを装着していたとしても、体液が粘膜に触れるのを完全に防ぐのは難しいことです。
それが出来ない限り、コンドームを付けていたとしても感染の可能性はゼロにはなりません。

クラミジアに感染することをできるだけ避けたいというのであれば、こうした性行為、オーラルセックスやキス自体を行わないのがベストです。
粘膜接触さえしなければいい話なのですから、極端な方法であればこれが一つの手となります。
ただ、やはり愛情表現が限られてしまうのは現実的ではありません。

そこでポイントとなるのは、不特定多数とのセックスを控えるようにすること、そしてパートナーと一緒にクラミジア感染に対処していくことです。
不特定多数とのセックスはそれだけ感染ルートの特定を困難にしていきます。
感染の確率自体も非常に高くなっていくため、とにかく危険な行為といえます。
パートナーとの性行為の場合でも、事前にクラミジアに感染していないかどうか互いに確認していくことによって感染自体を防ぐことが出来ます。

もしもここでクラミジアの感染が分かったとしても、パートナーで一緒に治療に取り組めばそこで感染の拡大を食い止めることが出来ます。
クラミジアは治療さえ行えば決して怖い病気というわけではないため、早め早めの対処がカギとなってきます。

関連記事